コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

100円商店街

1件 の用語解説(100円商店街の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

100円商店街

商店街全体を100円ショップに見立て、各店が100円の商品を売る催し。04年に最初に始めた山形県新庄市のNPO法人アンプによると、現在では全国124自治体で開かれている。平均の集客力は1万人、購買額は2千円という。     * <バル> スペインの立ち飲み居酒屋「バル」が集まった街角のように、食べ歩きや飲み歩きをする催し。北海道函館市で04年に初めて開かれ、各地のバル情報を紹介するサイト「街バルジャパン」を運営する「リンクバル」によると、昨年は各地で100回を超えた。     * <まちゼミ> 商店街の経験豊かな店主から専門の知識や技を学ぶ少人数制の無料講座。生駒では美肌やベビーマッサージ、相続の知識などテーマは様々。03年に愛知県岡崎市で始まった。「岡崎まちゼミの会」によると、現在は全国の230地域で開かれている。

(2016-01-22 朝日新聞 朝刊 奈良1・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

100円商店街の関連キーワード商店街新庄市新庄盆地仮想商店街電子商店街中見世ラインバーン商店街全国の商店街飯塚市の商店街火災大須商店街

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

100円商店街の関連情報