コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

100BASE-TX ひゃくべーすてぃーえっくす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

100BASE-TX

IEEE802.3uで標準化されている100MbpsのEthernet規格。10BASE-Tと同じ心線2対のUTPケーブルを使う。10BASE-Tの後継として、1990年代後半から急速に普及した。10BASE-Tではクロック周波数20MHzで10Mbpsを実現していたが、100BASE-TXではクロック周波数を125MHzに上げ、クロックあたりのビット数(125Mbps)を4/5にして100Mbpsの回線速度を実現している。伝送速度を高速化するため、10BASE-Tで利用可能な「カテゴリ3」よりも品質が高い「カテゴリ5」と呼ばれるUTPケーブルが使われる。IEEE802.3uでは、光ファイバーケーブルを使って100Mbpsの回線速度を実現する100BASE-FXも規定されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

100BASE-TXの関連キーワードギガビットEthernet100VGスター型ネットワーク100BASE1000BASEツイストペアケーブルストレートケーブルブロードバンド方式クラス1リピーターモジュラージャックUplinkポートLANスイッチワイヤスピードカスケード接続全二重/半二重プリアンブルビッグパイプイーサネットカテゴリー5カテゴリー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android