コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

105ウオークラリーから常連組

1件 の用語解説(105ウオークラリーから常連組の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

105ウオークラリーから常連組

1973(昭和48)年、愛好者ら13人が「佐世保市から24時間でどこまで歩けるか」と始めた。その後、島原城までの105キロをコースにし、5月の大型連休恒例のイベントとして定着。30回大会では参加者が500人を超えた。運営スタッフの高齢化や後継者不足から昨年の38回大会(参加者1205人)を最後に終了したが、「歩きたい」との声は強く、佐世保商工会議所青年部やOBが引き継いで今回のウルトラウオークラリーが開催された。

(2012-05-09 朝日新聞 朝刊 長崎全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

105ウオークラリーから常連組の関連キーワード鈴木梅溪本間国生愛好大分空港JAC会田ヒデ岡稔北村一郎中本達也村田徳次郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone