コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

10BASE2 てんべーすつー

1件 の用語解説(10BASE2の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

10BASE2

IEEE802.3aで標準化されている10MbpsEthernet規格で、直径約5ミリの細い同軸ケーブル(50Ω規格)を使ってバス型配線を行なう屋内配線向けの方式。「10BASE2」という名前は、ほかの方式と共通する命名規則によって付けられており、最初の「10」が通信速度(10Mbps)、次のBASEベースバンド伝送方式デジタル信号をそのままケーブルに載せる)、最後の「2」はケーブルの最大延長距離(200メートル)を指している。バス型配線では、通常1本のケーブルに複数のタップを出してホストを接続するが、10BASE2ではホストにT型の分岐アダプタを付け、その両側にケーブルを接続する。ケーブルの両端には「ターミネータ終端抵抗)」と呼ばれる部品をつける。10BASE5と比べるとケーブルの延長距離が短く、ホストの配置が制限されるという不便さもあった。しかし、ケーブルが細くなったことによって取り回しが楽になり、ケーブルに穴を開ける手間もなくなった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

10BASE2の関連キーワードIEEE802.5EDIATA国際標準化機構電子カルテ標準化MMAODFACSX12エレクトロニック・データ・インターチェンジ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone