コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

10BASE5 てんべーすふぁいぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

10BASE5

IEEE802.3で最初に標準化された10MbpsのEthernet規格。直径約1センチメートルの同軸ケーブル(50Ω規格で通称「イエローケーブル」と呼ばれる)を用いてバス型配線を行なう。10BASE5では同軸ケーブルに直接穴を開けて、タップを取り付ける。タップには「トランシーバ(送受信機)」と呼ばれる信号変換器を接続し、トランシーバケーブル経由で各ホストを接続する。ケーブルの最大延長距離は500メートルで、10BASE2と同様、両端にターミネータをつける必要がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

10BASE5の関連キーワードIEEE802.310BASEイーサネットトポロジ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android