10BASE5(読み)てんべーすふぁいぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

10BASE5

IEEE802.3で最初に標準化された10MbpsのEthernet規格。直径約1センチメートルの同軸ケーブル(50Ω規格で通称「イエローケーブル」と呼ばれる)を用いてバス型配線を行なう。10BASE5では同軸ケーブルに直接穴を開けて、タップを取り付ける。タップには「トランシーバ(送受信機)」と呼ばれる信号変換器を接続し、トランシーバケーブル経由で各ホストを接続する。ケーブルの最大延長距離は500メートルで、10BASE2と同様、両端にターミネータをつける必要がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android