コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

10GbE

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

10GbE

現在のGbEの10倍にあたる10GbEであるIEEE802.3aeの仕様策定も進められている。IEEE802.3aeのタスクフォースは1999年の5月に100社以上のベンダーの研究者によって結成され、2000年の9月にドラフト版が公開された。予定では2001年の初等にこのドラフトを盛り込んだ製品が登場し、2002年の正式版が公開されることになる。また、10GbEを推進する業界団体「The 10 Gigabit Ethernet Alliance」も2000年1月に発足。当初のメンバーは米スリーコム、米シスコシステムズ、米エクストリーム・ネットワークス、米インテル、カナダのノーテル・ネットワークスなど7社となっている。現在策定中の10GbEではEthernetをEthernetたらしめていたCSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access/Collision Detection)がついに規格から外されることになる見込みだ。1GbEではダミーのフレームを追加することでかろうじてコリジョン検出を可能にしていたが、高速化とともに検出が困難になったためだ。そのため全二重の通信しかサポートせず、Ethernetといっても、実質はフレームのみの仕様となる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android