コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

17年ぶり増税

1件 の用語解説(17年ぶり増税の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

17年ぶり増税

日本で消費税が導入されたのは1989年4月。当初の税率は3%で、97年4月から5%に上がった。高齢化で増え続ける年金、医療など「社会保障」の財源を確保し、先進国で最悪の状態にある財政を立て直すねらいがある。政府の試算では、3%幅の増税で家計全体では年6兆円余り(国民1人平均で年5万円余り)の負担増となる。2015年10月には、税率がさらに10%に上がる予定だ。

(2014-03-19 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

17年ぶり増税の関連キーワード消費税地方消費税一般消費税輸出免税制度表示カルテル間接消費税直接消費税消費増税消費税の歴史消費税の免税制度

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

17年ぶり増税の関連情報