コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

183系の運休

1件 の用語解説(183系の運休の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

183系の運休

2012年~13年、札幌と函館を結ぶ特急北斗のエンジンから出火・発煙する事故が3件相次いだため、JR北海道は最後の事故が発生した昨年7月以降、同型エンジンを搭載した183系車両で運行していた特急北斗4往復と、特急サロベツ1往復の計5往復を運休した。分割民営化前の1986年、高速化のためにエンジンの一部を改造した際の設計変更ミスが原因だった。JR北は車両を改造したとして今年6月、運行再開を発表した。

(2014-07-31 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

183系の運休の関連キーワードヨーロッパ国際特急列車北海道新幹線縁を結ぶ契りを結ぶ特急「白山」六時間〇二分特急「白鳥」十四時間寝台特急「北斗星」殺人事件北海道エアシステム(HAC)北海道小樽市銭函AIRDO

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone