コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1944年東南海地震

1件 の用語解説(1944年東南海地震の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1944年東南海地震

国の中央防災会議によると、同年12月7日午後1時36分、紀伊半島沖を震源に発生したマグニチュード7・9の地震。高さ約10メートルの津波も発生した。愛知、三重、静岡などを中心に死者は1223人。ただ戦時下の報道管制で調査は事後的になり、死者を918人、全壊家屋を1万7599戸や2万6130戸などとする諸説がある。

(2011-08-13 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

1944年東南海地震の関連キーワード中央防災会議首都圏の気象災害首都直下地震地震防災戦略日本海溝・千島海溝周辺地震宝永噴火上町断層帯天明泥流東南海・三河地震激甚災害制度

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone