コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1945年2月15日の出来事

1件 の用語解説(1945年2月15日の出来事の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1945年2月15日の出来事

「道慈小学校記念誌」(1983年発行)によると、米軍のB29編隊が、真南から飛んできて学校の上空で西に旋回、名古屋上空に達した。日本軍の戦闘機と空中戦になり、発射された弾が岩に当たって爆裂。破片が児童たちに当たった。1人が即死、2人が重傷、2、3人が軽傷を負った。村内には内科医しかおらず、郡内には自動車が1台もないため、日暮れを待って、橋本博雄さんをリヤカーに乗せて運び、夜中の2時過ぎに病院に着いた。同小の沿革史によると、高等科を合わせた児童・生徒数は、44年に350人だったが、45年には437人に増えた。疎開のためとみられる。現在の児童数は42人。

(2011-02-16 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

1945年2月15日の出来事の関連キーワード記念切手小学校小学校令尋常小学校下等小学高等小学校上等小学尋常高等小学校代用小学校戸塚廉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone