コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1987年の日本グランプリ

1件 の用語解説(1987年の日本グランプリの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1987年の日本グランプリ

11月1日日曜日が決勝で、木曜から日曜まで4日間、開催された。4日間の延べ観客数は約24万7000人。ホンダエンジンを搭載したウィリアムズチームのネルソン・ピケとナイジェル・マンセルがシリーズチャンピオンを争う展開だったが、金曜の予選中、マンセルはS字コーナースピンしてタイヤバリヤーに激突し、ヘリコプター名古屋市内の病院に収容された。骨折はなかったが上半身を強打していて、決勝に出場できなかった。この段階でピケのチャンピオンが決定した。決勝でのホンダ勢の成績は、ロータスのアイルトン・セナが2位に入り、中島が6位。ピケはエンジンをオーバーヒートさせて残り5周でリタイアした。優勝はゲルハルト・ベルガー。フェラーリチームに2年3カ月ぶりの勝利をもたらした。

(2012-05-18 朝日新聞 朝刊 愛知 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone