コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1988年の日本グランプリ

1件 の用語解説(1988年の日本グランプリの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1988年の日本グランプリ

優勝してワールドチャンピオンを決めたアイルトン・セナに続いてゴールしたのは、同じマクラーレンアラン・プロスト。ホンダエンジンは1位と2位で初の地元優勝を飾った。3位はベネトンのティエリー・ブーツェン。翌年からの参戦が決まっていた日本人2人目のF1通年参戦ドライバー鈴木亜久里が、ラルースチームのドライバーの中耳炎欠場により、急きょスポット参戦した。本人もテレビ解説のため鈴鹿入りする移動中に知らされたという。結果は予選が20位、決勝16位。スタートに失敗した中嶋は3周、鈴木のすぐ後の20位を走り、4周目に抜き返した。

(2012-05-26 朝日新聞 朝刊 愛知 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

1988年の日本グランプリの関連キーワードブランド・チャンピオンワールドグランドチャンピオンズカップチャンピオンシップチャンピオンREDチャンピオンREDいちごヤングチャンピオンヤングチャンピオン烈遊☆戯☆王デュエルモンスターズワールドチャンピオンシップ2007遊☆戯☆王デュエルモンスターズワールドチャンピオンシップ2008チャンピオンシップポイント

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone