コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1999年の広島豪雨災害

1件 の用語解説(1999年の広島豪雨災害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1999年の広島豪雨災害

99年6月29日、広島市安佐北区や呉市などで豪雨による土砂災害などが発生。山沿いを切り開いてできた新しい住宅街に土石流流れ込むケースが相次いだ。広島県内で31人が死亡、1人が行方不明となった。広島市が避難勧告を出したのは、災害が発生した6月29日ではなく、再び雨が降り出す恐れが出てきた7月1日だった。

(2014-08-21 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

1999年の広島豪雨災害の関連キーワード広島県広島市安佐北区大林広島県広島市安佐北区落合広島県広島市安佐北区可部広島県広島市安佐北区可部東広島県広島市安佐北区口田広島県広島市安佐北区口田南広島県広島市安佐北区倉掛広島県広島市安佐北区深川広島県広島市安佐北区真亀広島県広島市安佐北区三入

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone