2・26事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

2・26事件

1936年2月26日早朝に起きた陸軍皇道派青年将校によるクーデター未遂。歩兵第一、第三連隊、近衛歩兵第三連隊など1400人余りの部隊が首相官邸警視庁などを襲撃し、高橋是清蔵相、渡辺錠太郎陸軍教育総監らを殺害した。政府中枢部を占拠した青年将校は陸軍幹部らに国家改造の断行などを迫ったが、昭和天皇重臣の殺害に激怒。反乱部隊に撤収が命じられ、下士官や兵士らは執と帰順。29日には青年将校らも逮捕された。軍部は事件の威圧効果を利用して政治的発言力を強め、戦争体制へ突き進んだ。

(2008-02-27 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

2・26事件の関連情報