コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2007 Microsoft Office system にせんななまいくろそふとおふぃすしすてむ

2件 の用語解説(2007 Microsoft Office systemの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

2007 Microsoft Office system

マイクロソフトOffice製品群の最新バージョン。新しいユーザーインターフェイスが導入され、ツールバー上のボタンなどをタブで分類、切り替え表示ができる。WordExcelPowerPointでは、標準ファイル形式としてXMLベースの「Open XML Formats」が採用された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

2007 Microsoft Office System

WordやExcelなどのビジネスアプリケーション、ビジネスをサポートするサーバーソフトウエアなどからなるマイクロソフト社のソフトウエア群「Microsoft Office」の最新バージョン。一般に「オフィス」と呼ばれるビジネスアプリケーションのセットパッケージは「Office 2007」となり、含まれるソフトの違いで複数の製品が存在する。最小構成の「Office Personal 2007」にはワードプロセッサーの「Word 2007」(日本語入力ソフト「Office IME 2007」を含む)、表計算ソフトの「Excel 2007」、電子メール機能を搭載した個人情報管理ソフト「Outlook 2007」が含まれる。このPersonal 2007にプレゼンテーションソフト「PowerPoint 2007」が加わった「Office Standard 2007」、さらにデータベースソフト「Access 2007」と配付資料等の作成ソフト「Publisher 2007」を含む「Office Professional 2007」などがある。また、「Visio 2007」など「オフィス」に含まれず単体で販売されているアプリケーションソフトもある。

(斎藤幾郎 ライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

2007 Microsoft Office systemの関連キーワードOffice HoursAdmissions OfficeWindows RTWindows Phone 7SurfaceHomeStyle+Windows8サトヤ・ナデラSOHOIRM

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone