コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2017年の香港行政長官選挙

1件 の用語解説(2017年の香港行政長官選挙の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

2017年の香港行政長官選挙

英国からの返還後も、「一国二制度」のもとで高度な自治が認められた香港特別行政区トップを選ぶ。前回までは「選挙委員会」のメンバー1200人による間接選挙だったが、中国の全国人民代表大会(全人代)の常務委員会は先月末、1人1票による「普通選挙」の導入を決定。だが、実際には中国側の意向が働く業界団体などから選ばれた「指名委員会」が、候補者を2~3人に絞ることを想定し、民主派の立候補は事実上、不可能な仕組みとなっている。

(2014-09-08 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

2017年の香港行政長官選挙の関連キーワード奄美大島返還協定第3次国共合作ホンコン返還一国二制度一国両制税関の返還業務佐世保基地の返還6項目沖縄返還交渉香港の自治ボンド保証制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

2017年の香港行政長官選挙の関連情報