コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2018年問題 にせんじゅうはちねんもんだい

2件 の用語解説(2018年問題の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

2018年問題

日本の18歳の人口が2018年頃から減り始め、大学進学者が減っていくこと。日本の18歳人口は、1992年の205万人から2009年の121万人へと激減したが、この時期、大学進学率が27%から50%に伸びたため、進学者は逆に増加した。09年以降の18歳人口は、ほぼ横ばいの状態が17年頃まで続くが、推計では18年以降減少に転じ、31年には104万人まで減る。大学進学者数については、進学率も伸びないと予測されるため人口減少分がそのまま影響し、18年の65万人から31年には48万人にまで落ち込むと見られている。14年時点で4割の私立大学定員割れの状態にあり、18年以降は潰れる大学が、私立だけでなく地方国公立大学にまで及ぶと懸念されている。

(2014-9-10)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

2018年問題

18歳人口は1992年度の約205万人をピークに2009年度には約121万人まで減り、ここ数年は横ばいだったが、18年以降再び減少し、24年には約106万人まで減少すると予測されている。国公立・私立を問わず、大学運営における大きなリスクとされ、選ばれる大学になることが一段と求められている。

(2016-01-23 朝日新聞 朝刊 群馬全県・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

2018年問題の関連キーワード汪大淵多死社会一億人口置換水準ドーナツ現象流入掛減り搗き減り減り減り高

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

2018年問題の関連情報