コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2020ビジョン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

2020ビジョン

正式名称は「核兵器廃絶のための緊急行動」。核廃絶への道を切り開くロードマップ(道筋)として平和市長会議理事会が03年10月に決定した。(1)核兵器の臨戦態勢の解除(2)10年を目標とする核兵器禁止条約の発効(3)20年までの核兵器全面解体を目標としている。多国間外交による核軍縮が行き詰まるなか、平和市長会議の加盟都市や軍縮NGOの働きかけで全米市長会議や欧州議会が支持を表明。国内では全国市長会や日本非核宣言自治体協議会が賛同している。

(2008-01-30 朝日新聞 朝刊 広島1 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

2020ビジョンの関連キーワード神戸(市)原発輸出

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

2020ビジョンの関連情報