コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2020年五輪招致

1件 の用語解説(2020年五輪招致の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

2020年五輪招致

1964年以来の開催を目指す東京のほか、ローマ(イタリア)、マドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)、ドーハ(カタール)、バクー(アゼルバイジャン)が手を挙げた。来年5月、書類審査による1次選考で候補都市が絞り込まれる。2013年初めに最終的な開催計画案を提出、現地視察などを経て、9月のIOC総会で約100人のIOC委員の投票で決まる。

(2011-11-05 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

2020年五輪招致の関連キーワード万博胡同健康増進bjの拡張構想コロンビア革命軍(FARC)レスリング女子ワールドカップ主要排出国会議(サミット)富士山の世界文化遺産登録を目指す運動第3の道路線春季清酒研究会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

2020年五輪招致の関連情報