コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2020年東京五輪・パラリンピックの会場計画

1件 の用語解説(2020年東京五輪・パラリンピックの会場計画の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

2020年東京五輪・パラリンピックの会場計画

当初は競技施設37会場のうち、28会場を選手村から半径8キロ圏に設定。都が11施設を新設・改修し、大会組織委員会は仮設の11施設を造る予定だったが、建設費の高騰などを背景に計画の見直しが進む。

(2014-09-12 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

2020年東京五輪・パラリンピックの会場計画の関連キーワード仮予約資料請求快技会場立会場満場東京五輪北日本新聞納涼花火さいたま市花火大会東京五輪に向けた都心開発

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

2020年東京五輪・パラリンピックの会場計画の関連情報