2020年東京五輪

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

2020年東京五輪

11年に石原慎太郎元都知事が「震災復興五輪」を掲げ立候補表明。13年の国際オリンピック委員会総会で、安倍晋三首相は福島第一原発の汚染水に関し「状況はコントロールされている」と演説。2都市を投票で破り開催が決まった。13年8月の朝日新聞の全国世論調査(電話)では開催に賛成が74%、反対は17%だった。組織委は昨年末、総経費は最大約1兆8千億円との試算を示した。小池百合子都知事は今月、大会後に撤去する仮設施設整備費のうち、都外会場分も含む多くを都が負担する方針を表明。約2千億円と見込まれる。しかし、運営経費など最大7500億円規模をどこが負担するのかは未定だ。

(2017-05-16 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

2020年東京五輪の関連情報