コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

21世紀の資本論

1件 の用語解説(21世紀の資本論の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

21世紀の資本論

原書はフランス語で昨年出版された。今春出た英訳版の題は「CapitalintheTwenty-FirstCentury」で600ページを超える。日米欧などの300年にわたる租税資料を分析し、1914~70年代を例外として、資本の集中と経済的不平等が常に進んでいることを示した。資本主義のもとで不平等が縮小するかに見えたのは二つの世界大戦世界恐慌がもたらした偶然にすぎないと指摘し、議論を巻き起こした。ピケティ氏は1971年生まれでパリ経済学校教授。邦訳は、みすず書房が出版予定。

(2014-09-12 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

21世紀の資本論の関連キーワード悪魔島ウェストフランデレン州オーストフランデレン州フランス文学アベプレボーテレビ テレビでフランス語デフィラジオ まいにちフランス語ビション・フリーゼコショネ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

21世紀の資本論の関連情報