コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

24時間空港

1件 の用語解説(24時間空港の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

24時間空港

国内では羽田、関西、中部、新千歳、那覇、北九州の6空港。騒音問題などを配慮して成田(午前6時~午後11時)や福岡(午前7時~午後10時)は時間制限がある。時差や飛行時間の長さを逆手にとって国際便で威力を発揮する。例えば関西を午前1時25分発のバンコク便なら現地の午前6時ごろに到着でき、効率よく観光が楽しめる。24時間空港は世界的には珍しくなく、シンガポールチャンギ空港は深夜0時から午前6時の間に50便以上も発着、アジア最大級の拠点空港に成長して経済貢献している。

(2008-09-08 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

24時間空港の関連キーワード自給率千歳千歳線拠点空港新千歳空港ギャラクシーエアラインズ国内空路の利用客新千歳線の大手VS.新規参入新千歳空港と千歳空港新千歳空港の国際線

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

24時間空港の関連情報