コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

3利源

1件 の用語解説(3利源の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

3利源

生命保険会社の利益の3要素。死亡・病気など保険金を支払う事態が起きる見込みと実績との支出差「危険差(死差)」、予定事業費と実際にかかった経費との差「費差」、契約者に約束した利回り(予定利率)と運用実績との差「利差」を指す。利差の赤字は、運用利回りが予定利率を下回る「逆ざや」にほぼ等しい。金融庁によると、04年度は国内生保全体で死差が2兆8144億円、費差が6384億円の黒字だが、超低金利などの影響で利差は8744億円の赤字だった。日本郵政公社簡易保険や一部の共済はすでに3利源の内訳を公表している。

(2006-05-30 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

3利源の関連キーワード死差損益三利源海外旅行生命保険日本全会社生命表生命保険会社初年度保険料全会社表生命保険の保険料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone