コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

300日問題

1件 の用語解説(300日問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

300日問題

「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」と推定する民法772条見直しをめぐる問題。子の福祉の観点から法律上の父を確保する意味があったが、一般に懐胎(妊娠)から出産にかかる日数は260〜280日程度。300日に科学的根拠はない。規定を覆すには調停や裁判が必要で、離婚・再婚が増えた現代社会で問題化した。与党プロジェクトチームの特例新法案は自民党中川昭一政調会長ら保守派の反対で仕切り直しになった。「離婚後の懐胎」を対象にした法務省通達は、5月21日から運用が始まった。

(2007-06-03 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

300日問題の関連キーワード慰謝料再婚禁止期間財産分与私生子離婚後300日規定復氏(ふくし)審判離婚前夫親子関係不存在確認民法772条

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

300日問題の関連情報