コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

32ビットディスクアクセス さんじゅうにびっとでぃすくあくせす

1件 の用語解説(32ビットディスクアクセスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

32ビットディスクアクセス

スワップファイルへのアクセスを高速化するために、Windows Ver.3.1で追加された機能(Fast Diskと呼ばれることもある)。 リアルモードDOSの上で動くTSRや、マルチタスクを前提とせずに作られた複数のDOSプログラムデバイスを共有するために、Windowsシステムは、これらのソフトウェアによるハードウェアアクセスをWindows起動前のDOS環境で実行するようにしている。このためWindows環境からのディスクアクセスでは、x86のリアルモード(MS-DOSのディスクインターフェイスやBIOSなどを呼び出すとき)とプロテクトモード(デバイスアクセスを監視するWindowsの仮想デバイスドライバーで処理を行なうとき)を行き来しなければならない。このモードの遷移は重い処理で、頻繁にディスク入出力などを行なうスワップ処理ではそのオーバーヘッドは無視できない。そこでリアルモードレベルのMS-DOSのディスクルーチンやBIOSルーチンを呼ばずに、Windowsシステムが実行されているプロテクトモードから直接スワップファイルへのアクセスを可能にしたのが32ビットディスクアクセスである(「32ビット」がついているのは、32ビット環境であるプロテクトモードからディスクアクセスを行なうため。実際に32ビット幅でディスクにデータ転送を行なうわけではない)。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

32ビットディスクアクセスの関連キーワードSAMファイルシステムランダムアクセス3Dグラフィックスアクセラレーターファイルアクセスアクセス係数アクセス経験アクセス道路インデックスシーケンシャルファイル順次アクセス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone