コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

32ビットディスクアクセス さんじゅうにびっとでぃすくあくせす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

32ビットディスクアクセス

スワップファイルへのアクセスを高速化するために、Windows Ver.3.1で追加された機能(Fast Diskと呼ばれることもある)。 リアルモードDOSの上で動くTSRや、マルチタスクを前提とせずに作られた複数のDOSプログラムとデバイスを共有するために、Windowsシステムは、これらのソフトウェアによるハードウェアアクセスをWindows起動前のDOS環境で実行するようにしている。このためWindows環境からのディスクアクセスでは、x86のリアルモード(MS-DOSのディスクインターフェイスやBIOSなどを呼び出すとき)とプロテクトモード(デバイスアクセスを監視するWindowsの仮想デバイスドライバーで処理を行なうとき)を行き来しなければならない。このモードの遷移は重い処理で、頻繁にディスク入出力などを行なうスワップ処理ではそのオーバーヘッドは無視できない。そこでリアルモードレベルのMS-DOSのディスクルーチンやBIOSルーチンを呼ばずに、Windowsシステムが実行されているプロテクトモードから直接スワップファイルへのアクセスを可能にしたのが32ビットディスクアクセスである(「32ビット」がついているのは、32ビット環境であるプロテクトモードからディスクアクセスを行なうため。実際に32ビット幅でディスクにデータ転送を行なうわけではない)。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

32ビットディスクアクセスの関連キーワード常設スワップファイルエンハンスドモード

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android