コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

35人学級と多忙化

1件 の用語解説(35人学級と多忙化の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

35人学級と多忙化

義務教育標準法では1学級の上限は40人(小1は35人)とされ、教員数も決まっている。県内では国に先駆け2009年度から中1、2のクラスの上限を35人に。段階的に広げ、今年度から公立の小中全学年に導入した。学級数の増加分は、別の理由で加配されていた教員で補ってきたほか、今年度は県単独で45人配置した。県教職員組合が3月、教員約1700人対象に実施した調査(単純集計)では、「年ごとに仕事が増えている」との問いに「そう思う」「どちらかと言えばそう思う」と回答した教員は91%。勤務時間内に仕事が終わらないと答えたのは合わせて95・3%。「子供との会話や遊ぶ時間がとれない」と答えたのは、合わせて77・2%となった。

(2013-11-19 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

35人学級と多忙化の関連キーワード学級経営教職員定数改善計画少人数学級編制夜間中学校義務教育標準法加配教員義務標準法インクルーシブ教育少人数学級化市町村義務教育費国庫負担法

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone