360円レート(読み)さんびゃくろくじゅうえんレート

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

360円レート
さんびゃくろくじゅうえんレート

戦後,日本経済復興の経済九原則に基づき,連合国総司令部 GHQ司令官経済顧問ジョセフ・ドッジが決定し,1949年4月 25日から実施された円の対ドル為替レート。 71年 12月に1ドル=308円のスミソニアン・レートに移行するまで継続した。単一為替レート設定計画の段階では,ラルフ・ヤングによる 270円ないし 330円のレートが勧告されたが,GHQの受入れるところとはならなかった。 360円レートは高度成長期においてはかなりの円安レートであったために輸出に有利に作用したが,当初は国際収支危機が生じるたびに制約条件となり,政府の経済政策が引締めに転換せざるをえない状況をつくり出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android