3D液晶(読み)すりーでぃーえきしょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

3D液晶

シャープが開発した、専用のメガネをかけなくても画像が立体的に見える液晶ディスプレイ。ディスプレイが発する光の進行方向を制御し、左右の目に異なる映像が見えるようにすることで、立体表示を実現している。同社製の携帯電話およびノートパソコンの一部の機種が搭載する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android