4大メジャートーナメント(読み)よんだいめじゃーとーなめんと/4だいめじゃーとーなめんと(英語表記)4 major world tournament

知恵蔵の解説

4大メジャートーナメント

4月のマスターズトーナメント(Masters Tournament)を皮切りに、6月の全米オープン選手権(The U.S.A Open)、7月の全英オープン選手権(The Open)、8月の全米プロ選手権(USPGA Championship)を4大メジャートーナメントとしている。最も伝統があるのは1860年に始まった全英オープンで、次いで全米オープンが95年、全米プロは1916年、マスターズ・トーナメントは34年に始まった。マスターズは、当時の世界4大大会を独占して28歳で引退した球聖ボビー・ジョーンズが、米ジョージア州オーガスタにコースを完成させたことに始まる。当初はオーガスタ・ナショナル・インビテーショナル・トーナメントとしていたが、38年から現在のマスターズ・トーナメントとし、50年頃から4大メジャーの1つとされるようになった。この4大会全てのタイトルをとることをグランドスラム(grand slam)といい、1シーズン中(年内)でなくても通算で達成すれば、選手はグランドスラマーと呼ばれる。

(岡田忠 スポーツジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android