コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

440LX

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

440LX

Intelが開発した初のPentium II専用チップセット。チップ構成は以下のとおりである。82443LX: PCI A.G.P. Controller(PAC)一般的には、これにPCI-ISAブリッジの82371AB(PIIX4)が追加される。440LXは、Pentium Ⅱ-233M~300MHzに対応し、デュアルプロセッサー構成も可能である(ただしI/O APICが別途必要)。PACには、hosts-PCIブリッジのほかメインメモリーのコントローラ、A.G.P.インターフェイスなどが内蔵されている。一方、PIIX4はUltra DMA/33対応のIDEインターフェイスを内蔵するほか、USBホストインターフェイスも2ポート実装している。パッケージは324ピンBGAである。440LXは440FXに比べ、A.G.P.のインターフェイスを実装しているほか、メインメモリーとしてSDRAMにも対応し、またUltra DMA/33もサポートしている(PIIX4)、といった点が異なる。最大メモリーサイズはSDRAMなら512Mbytesで、EDO DRAMなら1Gbytesまでである。A.G.P.の対応バージョンは1.0で、2Xモードをサポートしている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

440LXの関連キーワード440BX

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android