コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

450KX

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

450KX

Intelが開発したPentium Pro用の第一世代チップセット。開発コードネームは「Orion」。ワークステーションやハイエンドデスクトップPC向けに開発された。450KXは、基本的に7チップで構成されている(実際には、これにPCI-ISAブリッジが1チップ追加される)。82451KX: Memory Interface Components(MIC)×482452KX: Data Path(DP)82453KX: DRAM Controller(DC)82454KX: PCI Bridge(PB)450KXは、最大2個までのプロセッサーシステムをサポートし、メインメモリーは最大1Gbytesまで実装できる。また最大2ウェイのインターリーブによるメモリーアクセスの高速化も可能だ。サーバー向けのチップセット450GXに比べると、最大プロセッサー数や最大メモリー容量、PCIバスの本数などに制限がある。450KXには、後継といえる440FXが登場した。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

450KXの関連キーワードOverDrive ReadyソケットAMD-K6440BX440GX440FX6x86MXペンティアムP-Rating486DX4Intel DX4ODP

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android