コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

486DX2

1件 の用語解説(486DX2の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

486DX2

1992年にIntelから発表された32ビットマイクロプロセッサー。CPU内部に倍クロック回路を設けることで、CPU内部の処理を倍速で行なえるようにした。周辺回路とのインターフェイスはDXと基本的に同じため、一般に外部回路はそのままに、CPUだけを交換しても動作させることができる。たとえば486DX2-66MHzなら、外部クロック486DX-33MHzと同じ33MHzで、CPU内部は倍の66MHzで動くことになる。システムベンダーにとっては、486DX用に設計したマザーボードを流用できるため、低コストで高速なシステムを製造できる。処理にもよるが、DXをDX2に置き換えることで、おおむね50%以上の性能向上を期待できる。486DX2は、後にIntel DX2と改名された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

486DX2の関連キーワード8088死霊短期予報寒候期予報暖候期予報未発表DVBS萩原朔太郎賞エルマンノシェルヴィーノホコモモラ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone