コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

486DX2

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

486DX2

1992年にIntelから発表された32ビットマイクロプロセッサー。CPU内部に倍クロック回路を設けることで、CPU内部の処理を倍速で行なえるようにした。周辺回路とのインターフェイスはDXと基本的に同じため、一般に外部回路はそのままに、CPUだけを交換しても動作させることができる。たとえば486DX2-66MHzなら、外部クロックは486DX-33MHzと同じ33MHzで、CPU内部は倍の66MHzで動くことになる。システムベンダーにとっては、486DX用に設計したマザーボードを流用できるため、低コストで高速なシステムを製造できる。処理にもよるが、DXをDX2に置き換えることで、おおむね50%以上の性能向上を期待できる。486DX2は、後にIntel DX2と改名された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

486DX2の関連キーワードIntel DX4ODP486DX4

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android