コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

486DX2

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

486DX2

1992年にIntelから発表された32ビットマイクロプロセッサー。CPU内部に倍クロック回路を設けることで、CPU内部の処理を倍速で行なえるようにした。周辺回路とのインターフェイスはDXと基本的に同じため、一般に外部回路はそのままに、CPUだけを交換しても動作させることができる。たとえば486DX2-66MHzなら、外部クロックは486DX-33MHzと同じ33MHzで、CPU内部は倍の66MHzで動くことになる。システムベンダーにとっては、486DX用に設計したマザーボードを流用できるため、低コストで高速なシステムを製造できる。処理にもよるが、DXをDX2に置き換えることで、おおむね50%以上の性能向上を期待できる。486DX2は、後にIntel DX2と改名された。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

486DX2の関連キーワードIntel DX4ODP486DX4

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android