コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

5S ごえす

3件 の用語解説(5Sの意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

5S

5Sとは職場の管理の基盤づくりの活動で、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の頭文字の5つの「S」をとったもの。もともとは製造現場において、安全や品質向上を目的として「整理」「整頓」「清掃」の3つを中心に「3S」活動として取り組まれてきたが、その後「清潔」「しつけ」が加えられて「5S(活動)」として定着した。5Sは単なるスローガンではない。5Sの各段階のSで、それぞれ目的や具体的な手法が定義され、活動全体が高度に体系化されている。5Sは単にきれいにするだけの活動ではなく、「職場内からムダなモノ、スペース、時間を無くす」「モノや情報の共同利用をしやすくする」「乱れや異常のない状態をつくり、異常が発生すればひと目でわかるようにする」「あらゆるモノや情報が完全に管理された状態を維持し、かつ改善して高度化する」「モノや情報を扱う人間の意識と行動を改善する」など、職場全体の管理レベルをあげるための最も基礎的な活動と位置づけられている。今日では製造現場に限らず、建設、物流、小売流通、サービス、事務、営業、病院、介護など、あらゆる職場で重要性が認知され、取り組まれている。また、生産性が低く改善が進まないとされる業種、企業、部門などに共通する問題として、5Sのレベルの低さがあると指摘されている。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビジネス用語集の解説

5S

5Sとは、職場環境を改善するためのスローガンのことをいいます。

整理(Seiri)整頓(Seiton)清掃(Seiso)清潔(Seiketsu)しつけ(Shitsuke)、
これら5項目の頭文字が全て「S」であることが名称のヒントになったといわれています。

職場環境の美化やモラルを向上させることにより、従業員の意識改善や、
問題点が見えやすくなること、業務効率化、個人情報等流出保護などの
メリットがあると考えられています。
また、これらによって、従業員のモチベーションも上がったということから、
もともとは日本国内のみで生まれた考え方ですが、近年では海外でも
この考え方が広まる傾向にあるようです。

サービス業や製造業が先行してスタートした概念ですが、企業によっては、
しっかり(Sikkari)しつこく(Shitsukoku)の2つを加えて「7S」と呼ぶ企業も存在しています。

「5S」を管理する業務を「5S管理」、「5S」に関わる活動を「5S活動」と名付けられています。
これから増加傾向になると思われるスローガンと言えるでしょう。

出典|転職.jp
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Wisdomビジネス用語辞典の解説

5S

「整理(Seiri)」「整頓(Seiton)」「清掃(Seisou)」「清潔(Seiketsu)」「しつけ(Shitsuke)」の5つの頭文字を取った言葉。5Sの実行を促進することを5S活動、5S運動などと呼ぶ。これにより、単に職場環境を美しく保つだけでなく、仕事に対する意識やモチベーションを高めたり、仕事の効率をアップしたり、コストを削減したりなど、さまざまな効果が期待でき、ビジネスにも多くのメリットをもたらすと考えられる。以前から取り入れられていた製造業に限らず、あらゆる業種の企業において、5Sをもう一度見直そうという動きが高まっている。

出典|「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)
「Wisdom」とは、NECが運営するビジネス情報サイトです。Copyright NEC Corporation All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

5Sの関連キーワードMTPQCサークル販売管理職場の使命しつけ(5S用語)清掃(5S用語)整理(5S用語)三番基づく黄金作りの太刀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

5Sの関連情報