コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

7つのヴェールの踊り

デジタル大辞泉プラスの解説

7つのヴェールの踊り

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスのオペラ『サロメ』(1903-05)中の管弦楽曲。原題《Tanz der sieben Schleier》。ヨハネの首を所望するサロメがユダヤ王ヘロデの前で踊る場面で演奏される。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

7つのヴェールの踊りの関連情報