7つのヴェールの踊り

デジタル大辞泉プラスの解説

7つのヴェールの踊り

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスのオペラ『サロメ』(1903-05)中の管弦楽曲。原題《Tanz der sieben Schleier》。ヨハネの首を所望するサロメがユダヤ王ヘロデの前で踊る場面で演奏される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

7つのヴェールの踊りの関連情報