コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

7つのヴェールの踊り

デジタル大辞泉プラスの解説

7つのヴェールの踊り

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスのオペラ『サロメ』(1903-05)中の管弦楽曲。原題《Tanz der sieben Schleier》。ヨハネの首を所望するサロメがユダヤ王ヘロデの前で踊る場面で演奏される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

7つのヴェールの踊りの関連情報