コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

7人殺害事件

1件 の用語解説(7人殺害事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

7人殺害事件

判決などによると、04年8月2日午前3時ごろ、兵庫県加古川市の住宅で母親と2人で暮らしていた藤城康孝被告(52)が東隣に住む親類の藤城とし子さん(当時80)と長男勝則さん(同55)、次男義久さん(同46)を包丁で執と殺害。勝則さんの妻(55)に重傷を負わせた。藤城被告は近くに住む知人の藤城利彦さん(同64)と妻澄子さん(同64)、長男伸一さん(同27)、長女緑さん(同26)も殺害し、自宅に放火して車で逃走。現場から約1キロ離れたトンネルの壁に車を衝突させて自殺を図ったところで身柄を確保された。

(2009-05-29 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

7人殺害事件の関連キーワード五夜四時川端商店街の火災昭和南海地震の被害静岡大空襲東北空襲福岡県の女性3人連続殺害事件名古屋刑務所の革手錠事件ボンバルディア胴体着陸事故岩美駅空襲

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

7人殺害事件の関連情報