72時間の壁

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

72時間の壁

災害で救出を待つ人たちの生存率が急激に低下し、災害医療分野で生死を分けるタイムリミットとされる。72時間は一般に、人間が飲まず食わずで生き延びられる限界とされる。1995年の阪神大震災では発生から3日をに助かった人が急減した。72時間を超えて助け出された人たちもおり、呼吸が出来る▽水が得られる▽けがが軽い▽体温が保てる、といった共通の状況下にあった。

(2014-08-23 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android