コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

88年包括通商・競争力強化法 はちじゅうはちねんほうかつつうしょう・きょうそうりょくきょうかほう Omunibus Trade and Competitiveness Act of 1988

1件 の用語解説(88年包括通商・競争力強化法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

88年包括通商・競争力強化法
はちじゅうはちねんほうかつつうしょう・きょうそうりょくきょうかほう
Omunibus Trade and Competitiveness Act of 1988

通称は包括通商法。不公正貿易に対する対抗措置および国内産業の競争力強化を主眼とするアメリカの新貿易法。この法律は各国から非難されたスーパー 301条の追加を含めた通商法 301条の改正・強化,関税法 337条,アンチ・ダンピング法,通商法 201条の改正などの「貿易及び関税に関する規定」,外国企業制裁条項を含む「貿易管理に関する規定」「アメリカの競争力強化のための教育・訓練に関する規定」などの全 10章で構成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

88年包括通商・競争力強化法の関連キーワード公正貿易包括通商法通商代表部USTR義憤スーパー三〇一条不公正取引USTR(United States Trade Representative)包括貿易・競争力強化法(包括貿易法)(USA)公正貿易運動

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone