コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

A級順位戦

2件 の用語解説(A級順位戦の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

A級順位戦

順位戦は、A、B級1組、同2組、C級1組、同2組と五つのクラスに分かれ、6月ごろから翌年3月まで行われるリーグ戦最上級に位置するA級は10棋士が総当たりで対局し、優勝者が頂点に立つ名人に挑む。プロ棋士はC級2組からスタートする。1回のリーグ戦で一つ上のクラスにしか昇級できないため、最速でも、初参加から名人挑戦までは5年かかる。

(2013-01-08 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

A級順位戦

5クラスある順位戦の最上位に位置づけられるリーグ戦。名人への挑戦権をトップ10人が争う。総当たりで1年かけて行われ、成績下位2人がB級1組に降級する。A級入りにはデビューから最短4年を要するため、一時の勢いだけでなく総合力が問われる。持ち時間はタイトル戦を除いて最長の各6時間。

(2016-11-25 朝日新聞 朝刊 文化文芸)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

A級順位戦の関連キーワード町火消順位戦組み・組町火消し六方組B級模範怪盗一年B組平行六面体の法則可搬型ATS順位戦と永世名人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

A級順位戦の関連情報