コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

A フィラメント えーふぃらめんと

世界大百科事典内のA フィラメントの言及

【ミオシン】より

…筋肉を構成するタンパク質の一つ。筋繊維に含まれる筋原繊維を構成するタンパク質の約60%がミオシンであり,脊椎動物の骨格筋では長さ約1.5μ,太さ約150Åのミオシンフィラメント(これをAフィラメントという)を形成している。ミオシンは分子量約50万で,長さ約1500Åの棒状の部分と2個の頭部からなり,適当な条件下で自動的に集合してミオシンフィラメントを形成する性質がある。…

※「A フィラメント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

A フィラメントの関連キーワードゼネラル・エレクトリック[会社]東レ・モノフィラメントオルトミクソウイルスドーピング(元素)ガンフリント生物群ロケットエンジンストロマトライトストレッチヤーンインフルエンザ菌マイコプラズマ筋フィラメントカルモジュリンアクトミオシントロポミオシン分子モーターウェルスバハ熱伝導真空計無電極ランプハロゲン電球フィラメント

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android