ABCC(原爆傷害調査委員会)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ABCC(原爆傷害調査委員会)

研究者団体の全米科学アカデミー学術会議が、トルーマン大統領(当時)の命で設けた民間機関。原爆の影響などについて47年に広島、48年に長崎で調査を開始。75年、日米共同運営の財団法人放射線影響研究所」に改組され、現在に至っている。

(2007-08-06 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ABCC(原爆傷害調査委員会)の関連情報