ADR(裁判外紛争処理)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ADR(裁判外紛争処理)

消費者と業者との間で起きるトラブルなど、様々な紛争裁判所でなく専門知識を持つ第三者機関が解決する仕組み。裁判よりも手続きが簡便で時間もかからず、費用も安く抑えられる。昨年4月にADR利用促進法が施行され、ADRを担う団体や機関を法務大臣が認証する制度ができた。

(2008-01-24 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android