コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AE カメラ えーいーかめら

世界大百科事典内のAE カメラの言及

【カメラ】より

…露光量を決定するために被写体の明るさを電気的に測る方式としてはセレン光電池を用いたものが古く,これをカメラに組み込んだ最初はツァイス・イコン社の二眼レフ,コンタフレックスで,発売は35年である。露光量を自動的に設定できる機構を備えたカメラをEEカメラ(EEはelectric eyeの略),またはAEカメラ(AEはautomatic exposureの略)というが,光電池の出力電流によりメーターの針を振らせ,これを階段状カムでおさえ,カムの行程でレンズの絞り値を自動的に制御する方式(シャッター速度優先式)が自動露出の始まりで,これを採用した最初の市販機は38年発売のスーパーコダック620である。一方,露光計の出力電流により直接シャッター速度を制御する方式(絞り優先式)は,63年発表のポラロイドオートマチック100で初めて実用化された。…

※「AE カメラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

AE カメラの関連キーワードオートライティングオプティマイザシャッタースピード優先AEオート (モードダイヤル)シャッター速度優先AEプログラムシャッターコンパクトカメラマルチプログラム自動緊急ブレーキプログラムAEMAESTROマニュアル撮影PLフィルターキヤノン(株)全自動モードスナップ写真深度優先AE絞り優先AE顔認識AFAEカメラ顔認識AE

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android