コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AED(自動体外式除細動器)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

AED(自動体外式除細動器)

心臓がけいれんして血液を全身に送り出せない状態(心停止)になったときに、電気ショックを与えて正常な働きに戻す医療機器。電気ショックが1分遅れるごとに救命率が7~10%下がると言われている。医師など一部の人しか使えなかったが、04年7月から一般の人の使用も認められている。

(2010-02-15 朝日新聞 夕刊 1総合)

AED(自動体外式除細動器)

突然、心停止状態になった人に電気ショックを与えて、心臓の動きを戻す装置。電源を入れて電極パッドを胸に張り、自動音声に従って誰でも操作できる仕組み。電気ショックの必要性は機械が自動的に判断する。早く使うほど救命率が高まる。スポーツ界では、2011年にサッカー元日本代表の松田直樹さんが練習中に倒れ、急性心筋梗塞(こうそく)で亡くなったのをきっかけに、普及の動きが広がっている。

(2016-04-20 朝日新聞 夕刊 スポーツ1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

AED(自動体外式除細動器)の関連キーワードコンスタンティン アグラジェアラブ首長国連邦の要覧自動体外式除細動器ライフセーバーブルガダ症候群国際警備保障致死性不整脈蘿蔔猿金花虫心臓しんとう頻脈性不整脈黒小形藪蚊救急蘇生法市民救命士心肺蘇生法大根金花虫三条縞蚊朝鮮藪蚊大和藪蚊白肩藪蚊中白下翅

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

AED(自動体外式除細動器)の関連情報