コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AGIL 図式

1件 の用語解説(AGIL 図式の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

AGIL 図式

〔AGILは、適応(adaptation)、目標達成(goal attainment)、統合(integration)、潜在的パターンの維持(latency)から〕
パーソンズの構造機能主義社会システム論のモデル。適応・目標達成・統合・潜在的パターンの維持を、システム存続のために必要な機能的要件とする。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のAGIL 図式の言及

【社会学】より

…ところで,機能主義社会学の中核である社会システム論の理論的特質は,システムの存続あるいはホメオスタシスの達成のために充足すべき機能的要件の理論を整備したことと,社会的相互作用の安定化にとって規範的要素が不可欠であることが主張されている点である。すなわち,大規模で,持続的で自給自足的な社会的相互作用のシステムをもって社会とみなすこの立場にあっては,システムがその内部矛盾によって機能障害を引き起こした場合も,システムのラディカルな変動を回避するためには,適応(A),目標達成(G),統合(I),パターン維持(L)という四つの機能的要件を充足せねばならぬとされる(AGIL図式)。また,社会システム分析の基本的単位である社会的地位・役割にとって中枢的契機をなすものが社会的規範とされ,社会化や統制においてそれが強調されるのもこの立場の特徴である。…

【パーソンズ】より

…また,パーソナリティ・システムと社会システムの外に文化システムを考えることによって,価値とか理念のような行為の目標が文化要素からくると説明し,〈目標のランダムネス〉に陥る功利主義のジレンマを克服し得るとした。 パーソンズは行為システムの機能的要件として,適応adaptation,目標達成goalattainment,統合integration,潜在的パターンの維持latent pattern maintenanceの四つをあげ,これら四つをそれぞれ第1次的に受け持つサブ・システムをA部門,G部門,I部門,L部門と呼んだ(AGIL図式)。これら4部門のあいだには相互にインプットとアウトプットの交換(境界相互交換)が行われ,それらの交換におけるメディアとして貨幣,権力,影響力,価値コミットメントの四つがあげられる(メディア理論)。…

※「AGIL 図式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

AGIL 図式の関連キーワード順応(生物学、心理学)アダプテーションセリエSAS脚色翻案

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone