コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AGIP AGIP

世界大百科事典内のAGIPの言及

【ENI】より

IRI(イリ)(産業復興公社)などと同じく,国家持株省の下にある全額政府出資の持株会社である。その下に部門別の持株会社AGIP(アジップ)(石油・天然ガス鉱業,石油製品販売,新聞業,モーテル事業,金融保険業ほか),ANIC(アニチ)(石油精製,化学工業,繊維工業ほか),SNAM(ズナム)(石油・天然ガス等の輸送,機械工業,原子力産業ほか)の3持株子会社があり,この3社がそれぞれ数十社の事業会社(合計で100余社)を擁するという機構になっている。海外進出に積極的で,世界各地で石油・天然ガスの探鉱,開発,精製,販売や石油化学事業等を積極的に行っている。…

【マッテイ】より

…30歳で化学会社を設立したが,第2次大戦が始まると会社を追われ,レジスタンス運動に挺身。戦後,国営会社AGIP(イタリア石油会社)の清算人となったが,清算命令を無視してポー川流域の天然ガスを探査・開発した。エネルギー産業の自立を唱え,1953年にAGIPを主体とした国家持株会社ENIの創設を実現した。…

※「AGIP」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

AGIPの関連キーワードマッテイENIエニ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android