AIホスピタル(読み)えーあいほすぴたる

知恵蔵miniの解説

AIホスピタル

AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)、ビッグデータなどの最先端技術を活用した高度診断・治療システム。デジタル化技術を用いて医療現場から収集・統合した膨大なデータをAIで解析し、病気の進行や治療効果の予測、投薬の調整などをサポートする。高度で先進的な医療サービスの提供と病院における業務の効率化を目的に、内閣府が主導する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の一環として2022年までの構築を目指している。18年7月以降、医療機器やICT関連企業と共同でがん領域での治療のパッケージ化から研究を進める見込みで、19年をめどに臨床研究の開始が計画されている。

(2018-3-27)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android