AI面接(読み)えーあいめんせつ

知恵蔵miniの解説

企業の採用面接で人間の代わりにAI(人工知能)が面接を行い、応募者の資質を見極めるもの。2017年ころに登場し、国内外で導入する企業が増えている。応募者はパソコンモバイル端末を使い、AIが問いかけてくる質問についてカメラに向けて回答したり、声だけで回答したりする。AIは面接終了後に応募者の回答内容や言葉遣い表情などから資質や適性性格などを分析した結果を企業に提供する。場所や時間帯を問わず面接を行え、企業と求職者がより多くの接触機会をもてるほか、交通費やスケジュール調整の手間も省ける。企業側が面接のデータを蓄積し、採用された人がその後どのような活躍をしたかなどをAIに分析させることで、AI面接の精度を上げたり人材育成に役立てたりすることが可能になると期待されている。

(2020-2-20)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

AI面接の関連情報