コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AMD-K6

1件 の用語解説(AMD-K6の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

AMD-K6

AMDが開発したMMX Pentiumピン互換のマイクロプロセッサー。ただし性能としては、Pentiumの上位プロセッサーであるPentium Proを目指したもので、事実処理内容によっては、同クロックのPentium Proの性能をしのぐ。このためPentiumⅡが登場するまでの短い期間ではあったが、一時は最速のx86互換プロセッサーとなった。AMD-K6は、AMDと合併したNexGenのNx686のアーキテクチャーベースに、バスインターフェイスを独自のものからSocket7互換に変更したものである。Nx686は2次キャッシュコントローラを内蔵し、PentiumⅡのように2次キャッシュをCPUと密結合する構成を採用していたが、AMD-K6では、Socekt7に合わせるため、2次キャッシュコントローラが取り外され、代わりに1次キャッシュ容量を64Kbytes(Pentiumの4倍、MMX Pentiumの2倍)に増加させている。またMMX Pentium互換のMMX機能も実装している。AMD-K6の動作電圧は、CPUコアが2.9V、I/Oが3.3Vのデュアルボルテージを採用している(233MHz版のCPUコアは3.2V)。パッケージにはPGAが採用されており、パッケージに上に放熱用の金属板が貼り付けられている。製造プロセスは0.35μ5層メタルCMOSテクノロジーで、トランジスタ数は880万トランジスタ(PentiumⅡは750万トランジスタ)。ダイサイズは162mm2で、MMX Pentiumの140mm2に比較すれば大きいが、PentiumⅡの203mm2に比べれば小さい。64Kbytesという大量の1次キャッシュを内蔵するものの、C4テクノロジー呼ばれる独自のボンディング技術を採用することで、ダイサイズの小型化に成功した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

AMD-K6の関連キーワードSHTTPSSEMMXトリプルDESMosaicサブロックインデオSemplon

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone