コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AP通信の通話記録押収

1件 の用語解説(AP通信の通話記録押収の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

AP通信の通話記録押収

今年5月、AP通信の記者や編集者の通話記録2カ月分が、米司法省に押収されていたことが明らかになった。記者の仕事用や個人用の電話など計20回線以上の発信記録が対象で、事前通告はなかった。この押収により、連邦捜査局(FBI)の元職員が9月、テロ捜査情報を記者に提供した容疑で有罪を認め、禁錮43カ月の刑を受け入れた。情報は、イエメンで起きたテロ未遂事件に関するものだったという。オバマ政権になってから、メディアへの情報提供などで訴追された政府関係者が相次ぎ、この職員で8人目とされる。

(2013-11-30 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

AP通信の通話記録押収の関連キーワードFOMA市外通話IREAP通信公衆回線接続料通信履歴文壇バー大田菊子佐和慶太郎

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

AP通信の通話記録押収の関連情報